menu

高尿酸血症・痛風

高尿酸血症の定義は、血中の尿酸値 7 ㎎/dl以上です。高尿酸血症は、痛風、尿酸結石、腎障害などの合併症をきたすことがあります。

無症候性の場合もありますが、高血圧、慢性腎臓病、冠動脈疾患などが高頻度に併存していることもあり、リスク評価が必要です。

尿酸はプリン体代謝の最終産物であり、尿酸の産生過剰、プリン体の過剰摂取、尿酸排泄低下によっておこります。腎機能低下や薬剤が原因で尿酸排泄低下がおこります。二つの病態が混在していることもあります。

高尿酸血症の治療はまず、食事療法などの生活指導です。飲酒を減らし、一部の肉や魚類だけでなく、ジュースや菓子パンなどにも注意しましょう。くり返す痛風発作、慢性腎臓病、尿酸結石の既往などがあれば、積極的に薬物治療も行います。痛風や尿路結石は痛みがつらいので、生活習慣を改善して尿酸値を下げておきましょう。

診療案内一覧へ戻る

かわぐちミエルカクリニック
埼玉県川口市西川口5-13-27 1F
西川口駅 徒歩10分
最寄りバス停:西川口五丁目
電話番号 048-229-8122
診療時間 日祝
8:00-12:00
14:00-18:00
◎:通常診療 ●:栄養相談・指導のみ ★:20時まで診療
特商法取引法に基づく表示
Copyright © かわぐちミエルカクリニック