menu

高血圧

年齢、生活習慣、ストレスにより血管はダメージを受けます。その程度を知るために血圧は重要な指標となります。血圧140/90 mmHg以上が続く場合、高血圧と診断されます。ここでの血圧は診察室の血圧であり、家庭血圧は135/85 mmHg以上で高血圧となり、家庭血圧測定が重要となります。

また脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病、認知症などの罹患リスクや死亡リスクは血圧120/80 mmHg以上で上昇することが知られており、早期の相談、治療が重要です。

日本の高血圧患者数は4300万人と推定され、そのうち3100万人が管理不良です。この背景には、依然として国民の食塩摂取量が多いことが問題となっています。また、若年・中年男性で肥満に伴う高血圧も増加傾向です。

高血圧に特有の症状は、ほとんどありませんが、血圧が高度に上昇した場合、頭痛や視力の低下、吐き気といった症状を伴うことがあります。また、気づかないうちに進行し、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病などの合併症を引き起こします。

高血圧の中には、何らかの病気が原因となって起こる高血圧(二次性高血圧)も含まれています。重度の高血圧では、腎臓病、原発性アルドステロン症、副腎腫瘍、甲状腺機能異常などの病気が見つかることもあります。

高血圧は降圧薬による治療を行いますが、生活習慣の修正(食事療法・運動療法)も同様に重要です。特に減塩は欠かせません。

当院では、減塩指導に積極的に取り組んでいます。食習慣の乱れや食事の偏りを見直し、少しずつでも改めることによって、高血圧の予防や治療に結びつけることができます。また肥満に合併している場合も多く、過食を防ぐため、常に腹八分を心がけて食べることをお勧めします。

また、少なくとも週1回以上は体重を確認しましょう。その他にも、運動療法として、運動の頻度はできれば毎日定期的に実施し、運動量は30分以上、強度はややきつめの有酸素運動が一般的に勧められています。運動療法により降圧効果が得られ、高血圧が改善されます。

診療案内一覧へ戻る

かわぐちミエルカクリニック
埼玉県川口市西川口5-13-27 1F
西川口駅 徒歩10分
最寄りバス停:西川口五丁目
電話番号 048-229-8122
診療時間 日祝
8:00-12:00
14:00-18:00
◎:通常診療 ●:栄養相談・指導のみ ★:20時まで診療
特商法取引法に基づく表示
Copyright © かわぐちミエルカクリニック