menu

花粉症

花粉症の診療

【症状】
目のかゆみ、鼻水、鼻づまり(鼻閉)、のどのかゆみ、皮膚のかゆみなど様々なアレルギー症状が出現します。症状に合わせて、治療を組み合わせます。

【検査】
アレルギー検査(血液検査)は、初めてアレルギー症状が出た方、症状が以前より強くなった方、前回の検査から期間が空いた方などにおすすめします。当院では、症状や病歴などがあれば、保険診療で対応可能です。
以下の検査項目になります。

〇View39:スギ、ダニ、ハウスダスト、食物など合計39項目のアレルゲンに対する反応が 評価できます。
View39詳細

〇好酸球:アレルギー反応の際に上昇する白血球の一種です。

〇非特異的IgE:体内の特異的IgE抗体の総量で、アレルギー体質の人で高くなります。気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症などで上昇します。

【治療】
〇内服薬: 「第二世代抗ヒスタミン薬」を中心に使います。眠気と効果のバランスはもちろんのこと、服用回数が1日1回か1日2回、空腹時内服か食後内服かなどの特徴がそれぞれあり、患者さんを診察した上で継続しやすい薬を選択します。眠くなりにくい薬であるアレグラ、ビラノア、デザレックス、クラリチンから始めることが多いです。ザイザルも眠気が比較的少なく、効果が強いので使用する場面が多いです。特に鼻閉がある場合には、「ロイコトリエン受容体拮抗薬」(シングレア、キプレス、オノン)を併用することもあります。その他、漢方薬の選択肢もあります。
内服薬一例
左から、アレグラ(フェキソフェリジニン)、ピラノア、デザレックス、クラリチン

〇点眼薬:
コンタクト着用でも使用可能な点眼薬、通常1日4回のところを1日2回で効果を発揮する点眼薬もあります。それぞれの希望に合わせて処方できます。点眼薬は1回1滴で効果十分な量のため、1回2滴以上の滴下は不要です。
点眼薬一例
左から、アレジオン、リボスチン、パタノール

〇点鼻薬:
ステロイド点鼻薬はガイドラインでも推奨されている治療です。アラミスト(1日1回)、ナゾネックス(1日1回)、フルナーゼ(1日2回)などがあります。血管収縮薬は入っていないため、効果を実感するまでは数日間は継続する必要があります。
*上記はすべてオンライン診療でも対応できますので、ご相談ください。
点鼻薬一例
左から、アラミスと、ナゾネックス、フルナーゼ

●舌下免疫療法:
アレルギー検査の結果、スギやダニが主要な原因であった場合は、舌下免疫療法の治療ができます。舌下免疫療法は、アレルゲン免疫療法の一つです。アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで、アレルギー反応を弱めていく治療となります。適切な治療継続によりスギ花粉症とダニのアレルギー症状を根本的に治すことができます。ただし、治療期間が3~5年と長期にわたる治療のため、治療に対する理解が重要です。治療の詳細については、ご相談ください。当院では、シダキュア、ミティキュア、アシテアの処方が可能です。
*初回のみ院内で内服してもらいます。2回目以降はオンライン診療も可能です。

シダキュア
※鳥居薬品株式会社「アレルゲン免疫療法ナビ」サイトから引用
ミティキュア
※鳥居薬品株式会社「アレルゲン免疫療法ナビ」サイトから引用

参考HP:
舌の下で行う鳥居薬品の舌下免疫療法専門サイト(https://www.torii-alg.jp/slit/
ダニによるアレルギー性鼻炎に関する情報サイト(https://www.dani-allergy.jp/

診療案内一覧へ戻る

かわぐちミエルカクリニック
埼玉県川口市西川口5-13-27 1F
西川口駅 徒歩10分
最寄りバス停:西川口五丁目
電話番号 048-229-8122
診療時間 日祝
8:00-12:00
14:00-18:00
◎:通常診療 ●:栄養相談・指導のみ ★:20時まで診療
特商法取引法に基づく表示
Copyright © かわぐちミエルカクリニック