menu

予防医療

当院で推奨する予防医療

当院では予防医療も重視しています。科学的根拠に基づいて推奨できる予防接種や検診項目を中心に地域の皆様に情報提供していきたいと考えています。以下に紹介した項目は、特に予防接種や検査の利益が大きく、対象の方が行うと、より長生きすると科学的に証明されています。

予防接種

1: 肺炎球菌ワクチン
65歳以上もしくは基礎疾患(心臓疾患、呼吸器疾患、肝疾患、腎臓疾患、糖尿病)のある方は積極的に接種してください。

2: インフルエンザワクチン
全年齢層。毎年の接種。

3: 破傷風ワクチン
全年齢層。初回3回。その後は10年おき。(百日咳予防含め、三種混合でも代用可能)

4: B型肝炎ワクチン
糖尿病(60歳以下)、透析患者、慢性肝炎、B型肝炎患者の家族、医療従事者など

5: A型肝炎ワクチン
慢性肝炎、B/C型肝炎の方など

6: HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン
特に26歳以下の女性、男性。

7: 帯状疱疹ワクチン
50歳以上で遺伝子組み換えワクチン2回推奨。
(代替案は60歳以上で生ワクチン1回。)

8: 麻疹・風疹ワクチン
接種していない方(特に40~50代男性)。
※海外に渡航する方は、別途、指定の予防接種が必要になるため、ご相談ください。

がん検診

1: 大腸がん検診
45歳~75歳 便潜血(2回法)を毎年、大腸内視鏡3~10年おき 
※家族歴ある方は要注意。

2: 胃がん検診
50歳以上 胃バリウム検査を1~3年おき、上部内視鏡を2~3年おき

3: 乳がん検診
40歳~75歳 マンモグラフィーを2年に1回
※家族歴ある方は要注意

4: 子宮頸がん検診
性交開始後21歳~70歳、子宮頸部細胞診を2年に1回またはHPV検査5年おき±細胞診

5: 肺がん検診
50歳~80歳、喫煙歴(20本/日×20年相当)があり、禁煙15年未満の方は胸部CTを毎年

6: 前立腺がん検診
50歳~70歳の男性に対してPSA測定を状況に応じて検討。

生活習慣関連

・高血圧:18歳以上のすべての患者に年1回の血圧測定のスクリーニング
・脂質異常症(高脂血症):40~70歳の成人に対して年1回のコレステロールの血液検査
・糖尿病:40~70歳の成人に対して年1回の血糖、HbA1cの血液検査
・肥満症:すべての肥満患者に対して減量や運動の指導を行い、栄養相談も行う
・喫煙:禁煙を強くおすすめします。禁煙外来を受診してください。
・飲酒:適量はビール1日500ml、日本酒1日1合、焼酎1日0.5合まで
 すべての飲酒者に対して危険な飲酒のスクリーニング(AUDIT-CやCAGE)を行う。
・運動:定期的に行ってください
・歯科受診:定期的な受診をおすすめします
・骨粗鬆症:65歳以上の女性
・転倒予防:65歳以上の高齢者に年1回の転倒リスクに対する問診、筋骨格機能の評価(Timed Up and Go Test)
・腹部大動脈瘤:65歳~75歳の喫煙歴ある方、腹部超音波検査
・淋菌・クラミジア感染症:性交経験のある24歳以下の女性
・性行為感染症の危険性が高い方:HIV・梅毒・B型肝炎・淋菌・クラミジア
・C型肝炎:18歳~79歳はC型肝炎の血液検査
・うつ病:12歳以上のすべての患者でリスクがあればスクリーニング検査。
・妊活中の方:葉酸400μg内服、風疹予防接種歴確認(抗体検査)、妊娠前カウンセリング(百日咳追加予防接種など)

参考文献
USPSTF (U.S. Preventive Service Task Force)
  https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/uspstf/
ACIP(Advisory Committee on Immunization Practices)
https://www.cdc.gov/vaccines/acip/index.html
科学的根拠に基づくがん検診推進のページ
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/cancer_screening/about/gankenshin.html

診療案内一覧へ戻る

かわぐちミエルカクリニック
埼玉県川口市西川口5-13-27 1F
西川口駅 徒歩10分
最寄りバス停:西川口五丁目
電話番号 048-229-8122
診療時間 日祝
8:00-12:00 09 14
14:00-18:00 20
◎:通常診療 ●:第1・3週に栄養相談とオンライン診療のみを9時~13時診療 20:20時まで診療 09:9時~13時診療 14:14時まで診療
特商法取引法に基づく表示
Copyright © かわぐちミエルカクリニック