menu

予防接種(ワクチン)

=当院で対応可能なワクチン=

当院で対応可能なワクチンは下記の通りです。
リストにないワクチンについては、ご相談ください。妊娠中に麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎・B型肝炎などに感染した場合には、流産や早産、胎児への先天的な障害などのリスクをあげるため、妊娠前にパートナーと接種することをおすすめしています。また、医療関係者は、院内感染対策としてワクチンガイドラインで明記されたワクチン接種をする必要があります。
※各種抗体価の検査にも対応しています。
※ワクチンの在庫を確認する必要があるため、希望するときは事前にご相談ください。
※自費の接種のみの対応となります。

ワクチンの種類 価格(税込)
インフルエンザワクチン 2500~3000円(変動あり)
A型肝炎ワクチン(エイムゲン) 6000円
B型肝炎ワクチン(ビームゲン) 5000円
麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン) 9000円
流行性耳下腺炎(おたふく)ワクチン 6000円
水痘ワクチン 7000円
帯状疱疹ワクチン(シングリックス) 19000円
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス) 7000円
破傷風ワクチン 3000円
HPV(子宮頸がん)ワクチン
4価(ガーダシル国産)男女可能 16000円
9価(シルガード9国産)女性のみ 25000円

=HPV(子宮頸がん)ワクチン=

~概要~
HPV(ヒトパピローマウイルス)は性行為で感染するため、「性行為を開始する前に接種」することが推奨されています。小学校6年生~高校1年生までの女子が定期予防接種の対象です(ガーダシルとサーバリックスのみ)。 ※9価ワクチン「シルガード9」は対象ではありません。 ※当院では、自費での接種のみとなり、ガーダシルとサーバリックスの定期予防接種やキャッチアップ接種には対応していません。

~接種年齢について~
高校2年生以上では、「なるべく早めに」接種をすることをおすすめします。 すでに性行為をしている人でも、ワクチンで予防できるすべての型に感染している可能性は低く、ワクチン接種により、ワクチンでカバーしている型の新たな感染を防ぐことができます。性行為の経験がすでにあり、何らかのHPV型に感染していても、今後、他のHPVの型の感染を防ぐことができるため、30~40代であっても、その方の性的活動性によってはワクチン接種を考慮すべきです。
※日本では46歳以上の方の接種は推奨されていません。

~男性のHPVワクチン接種について~
HPVワクチンは「子宮頚がんワクチン」と言われているため、男性にはあまり関係ないイメージがある方も多いと思いますが、男性も接種可能で、男性にとっても非常に重要なワクチンです。日本では4価ワクチン「ガーダシル」が肛門がん予防に接種適応があるため、男性の希望者に接種することが可能です。また、男性に比較的多い中咽頭がんもHPVが原因です。自分自身のがんや性感染症を予防するだけでなく、大事なパートナーを守るという意味でも接種をおすすめします。

当院では、国産のHPVワクチンである「ガーダシル」(4価)と「シルガード9」(9価)を取り扱っています。
※シルガード9は<ワクチンQダイアリー>への登録が必須です。

診療案内一覧へ戻る

かわぐちミエルカクリニック
埼玉県川口市西川口5-13-27 1F
西川口駅 徒歩10分
最寄りバス停:西川口五丁目
電話番号 048-229-8122048-229-8122
診療時間 日祝
8:00-12:00 09 14
14:00-18:00 20
◎:通常診療 ●:第1・3週に栄養相談とオンライン診療のみを9時~13時診療 20:20時まで診療 09:9時~13時診療 14:14時まで診療
特商法取引法に基づく表示
Copyright © かわぐちミエルカクリニック